大日本茶道協会各ページ用ヘッダー:おもてなしの作法‥日本の心 大日本茶道協会の椿マークとロゴ 黒棗と茶杓のイメージ画像
buttonbar ホーム頁へ 会長挨拶頁へ 理事長挨拶頁へ 大日本茶道協会概要頁へ 風是庵頁へ 立礼点前紹介頁へ お問合せ頁へ
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:MENUタイトル  茶器仕服と緒
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:ホーム
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会会長挨拶
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会理事長挨拶
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会の概要
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会のご紹介
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会の特長
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会風是庵
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会風是庵とは
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会風是庵会員専用ページ
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会立礼(りつれい)点前のご紹介
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会組織図
大日本茶道協会サイトメニュー用画像:大日本茶道協会お問合せ


大日本茶道協会初代渡辺仙玉先生のタイトル画像
   
師を偲びて  
  過ぎし日を偲びて
 昭和2年、母の師であった流祖新沼椿渓先生のもとに初めて教えを受ける事になり、只ひたすら茶道の大道に真理を求めて歩み続けてまいりました。
 菩薩の心と姿になれと師は常に教えられましたが、その御教えに少しでも近づけられたらと、果てしない彼岸をのぞみながら、歩みては歩みてはの般若心経を心に生きて行きたいと念じております。
 師の教え 年ふるごとに我が胸に 泉のごとくわきてつきずも
 椿渓忌に
 師の御名を床にうつして白椿
 かくまでに香りも深く師の教え 実るも永し 今日の集いに

献茶巡拝  
  法隆寺にて
ほの暗き中にまたたく灯は うなつき給う御心のごと
  叡福寺にて
夜のとばり 深き御山に聖魂を しのびて聞くや松風の音
  高貴寺にて
山門を入れば心のふるさとに帰りし如く御寺なつかし

初春に
松風の道を伝えて一筋に 生くる我が身の幸ぞうれしき

審査会に
つたなくも心をこめし点前こそ 人の心を打つものぞかし

弟子に
人は皆生まれし時は同じかな 我を磨きて玉とならばや

庭にて
白むくげ 一日の命惜しみなく 咲くよ悔いなく散るよ無心に

trans        
trans trans trans trans trans
  左から3人目 流祖新沼椿渓先生 一番左 初代渡辺仙玉先生  

trans        
trans trans trans trans trans
  前列 流祖新沼椿渓先生 後列右から二人目 初代渡辺仙玉先生  

trans        
trans trans trans trans trans
  立礼(りつれい)のお点前  

trans        
trans trans trans trans trans
  香点前  

trans        
trans trans trans trans trans
  奥多摩にて野点 「天も地も人もひとつに野点かな」  

trans        
trans trans trans trans trans
  茶道吟 明治大帝 お点前  

trans        
trans trans trans trans trans
  炉点前 椿渓棚  

 
大日本茶道協会フッター画像:大日本茶道協会の椿マークとロゴ